読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300歩からの成長ログ

1日平均300歩の生活を送るけんちゃが、引きこもり脱出に向けての成長の過程と結果を報告するブログ

「ブログは無料」引きこもりは声を発せば今を変えられる

引きこもり

f:id:kentyalink:20170116112303p:plain

 

 

どうも、けんちゃです

 

引きこもりの人たちは、ふだん何もしない生活を送っていると思います

ネットしたり、テレビ見たり、まんが読んだり

 

なにも生み出す生活をしていないならブログを始めませんか?

自分の精神的にも行動的にも良い方向へ可能性があります

 

ブログを始める前

ぼくも引きこもりです

そんなぼくのブログを始める前の生活は

 

「朝8時に起きて朝ごはん食べる」

 

「12時頃までテレビを見るかネット」

 

「昼食」

 

「6時までテレビorネット、昼寝も2時間ほど」

 

「夕食」

 

「夜12時までテレビかネット」

 

「寝る」

 

この生活の繰り返しでした

 

これが多くの引きこもりの日常だと思います

 

 

本当はテレビもネットを見るのも興味ないのに

そしてほとんどの人がそれに本当は興味がないはずです

 

「暇だから」

「他にやることがないから」

 

ただ惰性でテレビやネットを見てるだけ

 

それって自分が興味のないものを、ただ消費してるだけなんですよね

 だったらブログを使って自分の思いや考えを発信するのってよくないですか?

 

 

ブログ発信後の変化

僕はつい最近ブログを始めました

 

もちろんまだ始めたばかりですし、これがいつまで続くかは分かりません

ただ始めて間もないですがぼくに起こった変化をお教えします

 

ブログを始める前は、寝て、起きて、ご飯食べて、ネット見るかテレビながら見しかしてませんでした

 

でもブログを始めるようになってから明らかに生活が変わってきました

 

まず頭を使うようになります

 

テレビを見たりネット見てても頭使っているように思いますが

やはりぼーっと見ているだけであってまったく脳を動かしてないんですね

 

でもブログを始めると

 

「ブログネタ何かないかなあ」とか

「どうやったら読んでもらえるようになるかなあ」など

 

いろんなことを考えるようになります

すると頭を使うので脳が活性化してブログ以外のことにも活動的になれます

 

料理をするようになったりとか

家族と話すことが楽しいと感じるようになった気がします

 

ブログを書くにはいろいろ経験するとネタが浮かんでくるので

料理をするのも、家族と話すのも何かネタはないかなあと

ブログのネタを作るためにいろいろやってみようって気になるんです

 

テレビを見るのも「ただ見ているだけ」から

「これブログのネタにできるなあ」とか

学びを得たいという感じになってきて

テレビを見て何か吸収してやろうって気分になってくるんです

 

いままであらゆるものに興味がなかったのが吸収したいという欲求が生まれるんです

 

 

インプットだけじゃなくアウトプットが大事

テレビやネットを見るのがまったく意味のないこととは言いません

でも見るだけならそれはインプットしているだけ

自分の中に取り込んでいるだけで終わるんです

 

その知識や思いや考えを自分の頭の中でいったんまとめて

それを表に向かって出すってことが大事だと思います

 

アウトプットってやつです

 

ぼくもこうやって文章を書いてわかったんですが

自分の思いや考えを出すのは気持ちいいです

 

文章を書くのはいままで、そんなにしたことがなかったですし

子供のころに学校で書いていた日記や読書感想文なども正直苦手でした

 

そんなぼくでもこうやって書いていると、なぜか気持ちいいんです

 

自分の抑え込んでいる気持ちを表に出している感じというか

頭の中がスッキリ、整理されているような気がします

 

なので文章を書くのはすごくおすすめですし

ブログはもしかしたら読んでくれる人がいるかもしれないという意味でも

やりがいがあってすごくいいと思います

 

 

まとめ

引きこもりの人、どうせ何もやることないならブログ始めませんか?

内容はどんなのでもいいと思います

 

自分のひきこもりの経験

自分の好きなことや趣味

 

なんでもいいんでブログを使って何か発信してみてください

生活が変わりますよ

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする