読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300歩からの成長ログ

1日平均300歩の生活を送るけんちゃが、引きこもり脱出に向けての成長の過程と結果を報告するブログ

「おならが止まらない」原因は?病気なの?おすすめサイトまとめ

ライフハック

f:id:kentyalink:20170119165115p:plain

どうも、けんちゃです

 

「おならが止まらない」

第三者的には笑っちゃうような話かもしれませんが

おならが止まらなくて悩んでいる人は世の中にたくさんいます

ぼくもその中の一人です

 

そこで情報がよく載っているおすすめサイト紹介します

 

おならについて1ページで理解するにはここ

おならが止まらない原因や対策などにも非常に詳しく載っているサイトです

nurse-riko.net

このサイトは見た目も親近感がわく見やすいサイトだと思います

情報量がすごく多いですし、そのわりに小難しくならず分かりやすいので

おすすめのサイトです

 

 

おなら専門サイト

おならが止まらないことについて紹介してる専門サイトです

xn--n8jp4g9c9b9kqi6il07z91g334d.net

 おならのことだけを専門に扱っているサイトです

「おならがよく出る人の原因」や

「おならが臭い原因」など

個々の状況を分けて、構成してあるのでそれぞれの人に合ったページを見ることができます

 

 

 実際の経験者のサイト

 こちらは実際に悩まれたことのある方のサイトです

retrygogo.com

やはり実際に経験した方の言葉は説得力があります

共感するところも多かったです

 

 

原因と改善方法

紹介したサイトでは、ほぼ共通する同じ原因がありました

 

1・食べ物が原因で腸内ガスが発生する

2・ストレスが原因で口から空気を吸い込んでしまう

この2つです

 

食べ物はイモ、豆、肉などが腸内ガスを発生しやすく

おならの原因になるそうです

 

乳酸菌飲料やヨーグルトなどを食べると腸内環境が良くなって改善することもあるようですが

それぞれ個人差もあるようで、効果がないという報告もあります

 

試してみたうえで、効果があれば続ける、なければほかの方法を試すということをするのがいいと思います

 

ぼくの場合は乳酸菌飲料を飲むことによって便通が良くなったと思います

ただ、おならの量自体は変わらず多いので

ぼく個人では、おならの量が減る効果は感じてません

 

でも、おならの匂いは乳酸菌飲料を飲むことによって改善してるような気がするので

これからも乳酸菌飲料生活を続けていこうと思っています

 

そして、もう一つの原因

ストレスがたまったり緊張したりすると口から多く空気を吸い込みすぎてしまい

それが原因でおならの出る量が増えるということです

 

そもそもおならが出る要因の1つとして口から入った空気のが出るということみたいです

 

ですので、ストレス以外でも

炭酸飲料の飲みすぎや、熱い飲み物をすすって飲む時、早食い、ガムをかむなど

いろんなことが原因で、空気を飲み込みすぎてしまって

それが、おならとして体の外に排出されるということがあるようです

 

炭酸飲料を飲むのをやめるとか、これらを避けることでおならの原因の1つは解消できると思います

 

ストレス解消はなかなか簡単にはできないと思いますが

普段からリラックスすることをやったり、考えたりして

自分の好きなことに費やす時間を増やすといいかもしれません

 

あとストレッチなんかの適度な運動も効果的なようです

ストレッチやヨガなどは腸を刺激するらしいので便通も良くなります

出すもの出してスッキリしましょう

 

 

我慢はしないで

おならが止まらないというのは、あまりに日常的に起きている悩みであるがゆえに

誰にも相談しづらいですし、1人で苦しんでいる人も多いと思います

 

電車やバスに乗るのにも気を使いますし、行動すること自体が億劫になることもあります

自分の生活に悪影響がでて、落ち込むことも多いです

 

でも気にしすぎは良くありません

 

おならを我慢することもやめてください

もし、したくなったらトイレにでも行って思いっきり出しちゃえばいいんです

 

我慢してしまうと余計悪化したり、匂いが臭くなる可能性が高いので

おならを我慢せずに出すようにしてください

 

おなら自体は、人間だれしもがするものです

平均すると1日、10回から20回くらいは、みんなしているそうです

 

ですので、あまり悲観的にならずに、悩みすぎないで

自分の体を大事に、少しずつ腸内環境を良くしていくことを考えてほしいなと思います

 

 

なお、この記事、および紹介したサイトに載っている情報は

必ずしも万人に正しいとは限らないので、心配な方は一度、病院に行かれることをおすすめします