読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300歩からの成長ログ

1日平均300歩の生活を送るけんちゃが、引きこもり脱出に向けての成長の過程と結果を報告するブログ

「焦りは禁物」焦る気持ちを落ち着かせる方法「原因も」

f:id:kentyalink:20170127163433p:plain

どうも、けんちゃです

焦りは失敗の大きな原因になることがよくあります

焦っていいことなんて何一つありません

 

そこで焦る気持ちを落ち着かせて

物事をうまく運ぶための方法を紹介します

 

自分の体験

先日こんなことがありました

車を運転しスーパーに買い物に行ったときのことです

 

スーパーの駐車場に入ろうと道路から左折したときに

焦りがもたらした事件が起こりました

 

車の左後輪が縁石に乗り上げ「バコンッ」と音が鳴り響いたと思うと車が大きく揺れたのです

 

するとぼくは瞬間的に焦りました

 

とりあえずいったん止まろうとブレーキを踏もうとしたとき

アクセルとブレーキを踏み間違えてしまったんです

 

車はエンジンをふかし急発進

「やべっ」て思いすぐさまブレーキを踏んで、ことなきは得ましたが

あわゆく大きな事故になるところでした

 

10メートル先には人が二人並んで歩いていたので、もう少しブレーキを踏むのが遅ければぶつかっていたかもしれません

 

これは焦る気持ちが生んだ失敗です

 

最初に縁石に車の後輪が乗り上げてしまったことで焦ったことが

その後のアクセルとブレーキを間違えることにつながったんです

 

高齢者の方がよくアクセルとブレーキを間違えて建物に突っ込むというニュースを聞きますが

高齢者のそうした運転ミスも焦りからきたものかもしれません

 

焦ると大きな失敗につながる可能性が高いと気付きました

 

 

いろんな焦りがある

今回は車の運転での焦りで、瞬間的な焦りでしたが

それ以外でも人は現実でいろいろ焦ることってありますよね

 

たとえば

 

「みんなうまくやってるのに自分だけできない」

「人はあんなに進んでるのに自分は取り残されている」など

 

人と比較して自分を否定したりすることで焦りが生まれる場合も多くあります

 

そんな心の状態で何かやっても車の運転の場合と同じで失敗してしまう可能性が高いです

 

焦った状態のまま動いてもうまくいくことはまれでしょう

 

じゃあ、焦っているときに落ち着かせるにはどうすればいいのか

 

 

深呼吸

深呼吸は焦りを落ち着かせるためにとても効果的な方法です

 

いろんな人が深呼吸を実践して落ち着いた状態で行動することができるようにしています

 

深呼吸には副交感神経の働きを強くして、リラックスできる効果があるそうです

 

やりかたとしては腹式呼吸を使うということが大事です

 

腹式呼吸とは呼吸をするときにお腹が膨らんだりへこんだりする呼吸方法のことです

 

お腹を膨らませつつ鼻からゆっくり息を吸って吐くときは口をすぼめてゆっくり吐き出す

この深呼吸を3回から10回くらいやるとリラックスしてきます

 

注意しなければいけないのは深呼吸をやるときは落ち着いた状況のときにやるということです

 

焦ってからやっても効果を得るのはむずかしいので

家を出る前など事前に深呼吸をすることを習慣にすることで

その日一日落ち着いて行動できるようになってくると思います

 

出先で焦ったときにもとりあえずトイレなど落ち着ける状況に移動してから深呼吸すると効果的です

 

 

焦りの原因を書き出す

メモなどに自分が焦っていることを書き出すということも焦りを落ち着かせるのに効果があります

 

焦りの原因や、やらなきゃいけないと思っていること、不安に感じてることなど

自分が気になっている事柄を書き出すことによって、自分の思考が明確になってきます

 

その明確になるということが重要で

焦っていることというのは意外とよく考えれば対処できることがほとんどなんです

 

ぼくも「今日は夕方六時までに料理作らなきゃ」とか

軽い事柄とか重い事柄までいろんなことを考えますが

 

結局よく考えてみると

「午前中に料理作っておけば午後は意外とゆっくりできるな」

と、そんなに焦らなくても対処できることがほとんどです

 

メモに書き出すことによって対処できることに気付けるんです

 

焦りや不安というのは「どうしたらいいんだ」という

漠然とした思いが生み出している感情なんです

 

その漠然とした焦りや不安が紙に書き出すことによって明確になります

するとその漠然とした不安はその時点でかなり小さくなってくることを実際に感じることができるはずです

 

 

優先順位と解決策を書き込む

焦りの原因を書き出せたら次はそれに優先順位をつけます

 

メモに書き出したらわかりますが

意外とそんな焦らなくても大丈夫だと思うようなこともメモに書き込まれてたりします

 

なので優先順位をつけると

「これすぐにやらなくても大丈夫だな」

と思うものもあるので、その時点で焦りは解消されたりします

 

そして解決策も書き込みます

解決策を書くときはなるべく具体的で小さな行動にしてください

 

具体的でないと結局何をしていいのかわからなくなって

また焦りの原因が不明確になり不安な気持ちが増大してきます

 

具体的に書くことによってやるべきことが明確になるから

焦りや不安がなくなるということを思い出してください

 

 

とりあえず行動してみよう

あとは書き込んだ解決策に沿って行動するだけです

 

まあ行動するのが一番難しいっていうのはありますが

そのときは自分が行動できると思える範囲まで

ハードルを低くして自分のペースでできることをやりましょう

 

焦りは禁物、余裕をもって行動することが大事です

時間的にも余裕をもつことを考えましょう

 

自分のやることがはっきりして余裕をもつことができれば

焦りが原因で失敗することも減ってくると思います

 

まあ失敗しても大丈夫だと思えることができれば

もっと人間的に最強になれますけどね

 

おわりっ

 

 

 

 

広告を非表示にする