読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300歩からの成長ログ

1日平均300歩の引きこもり生活を経験したけんちゃが、体験談や好きなことを書く雑記ブログ

 [書評]大人気ブログの秘密を知る「自分メディアはこう作る!」

f:id:kentyalink:20170206163124j:image

ぼくはまだブログを始めて一か月です。

ブログを始めたことで、今まで知らなかったいわゆる「ブロガー」と言われる人たちのことを知りました。

 

人気ブロガーの方が出した本を読むと、ブログを始めたぼくにとって、いろいろ参考になることが書いてあります。

「自分メディア」はこう作る!大人気ブログの超戦略的運営記を紹介します。

 

人気ブログになる過程

この本には人気ブログになる過程が時系列で記されています。

 

ぼくはまだブログを始めて一か月ですが、アクセスがちょっと増えただけで喜んだり、

アクセスがちょっと減っただけで落ち込んだりするんですが、

 

著者の「ちきりん」さんのような人気のブログを運営してる人でも、やはり山あり谷ありいろいろあるみたいです。

 

炎上

無名時代が長く続いた後、突然のブレークを果たした「ちきりん」さんは、炎上によってさらにアクセス数を伸ばしたということです。

 

炎上は意図したものではなく、いくつかある中の記事が炎上してしまって、結果的にアクセスが伸びたようですが、

 

やはり多くのブロガーの人も炎上によってアクセスはかなり伸びてるようなので、

ブログが伸びる過程として炎上がひとつの「きっかけ」にはなるみたいです。

 

でも意図して炎上を起こすようなことはあまりよくないということは覚えておきましょう。

 

そんじゃーね

「ちきりん」さんのブログ記事の最後の締めの言葉である「そんじゃーね」は、

たまたま読者の方が「そんじゃーねの人だ」と指摘したことで生まれたそうです。

 

ブログを書いてるのはもちろん書き手ですけど、

結局そのブログを育ててくれるのは、ブログを読んでくれる読者の人たちなんだと気付かさせてくれます。

 

本の出版

本の出版もしてらっしゃいますが、

あくまで本出版はブログの購読者数を増やすことが目的であって、

本を作るためにブログを書いているわけではないと言ってます。

 

こういうところにブログへの愛を感じるし、

自分の書いているブログを一番価値のあるところに置いているのが、

「ちきりん」さんが書くブログの人気の秘密かもしれません。

 

 

ネットの中だけの人にはならない

ぼくがこの本の中で一番印象的だったのは、

「ネットの中だけの人にはならない」という言葉です。

 

ブログはあくまでネットの中の世界のことですが、

リアルの世界で言えないような言葉や発言をネットの中でするのはよくないと言っています。

 

ネットの中だけでしか通用しない言葉を使うのも良くないし、

リアルの世界とネットの世界の発言を一致させることで、

一般的なネットにも詳しくない読者の人にも支持されると「ちきりん」さんは言っています。

 

ぼくはネットの世界でしか主張をすることがなかなかできません。

 

なので実践するのは正直難しいと思ったんだけど、

自分がネットで言っていることと同じことをリアルな世界でも言えるようになれば、

人生楽しく過ごせるだろうなとは思っています。

 

「ちきりん」さんの場合はリアルで発言できることを、ネットで発言するという意味だと思いますが

ぼくの場合はネットで発言していることを、リアルで発言できるようになればいいなと思ってます。

 

 

ネットには二種類の人がいる

ネットでは大きく分けて二つの発信する人たちがいると言います。

「誰かを批判して自分の人気を上げようとする人」と、

「誰かに肯定的な思いを積極的に伝えることで、リアルでつながりが持てる可能性を高める人」です。

 

批判する人

誰かを批判するのは、瞬間的にはスッキリするし自分の正義感を満たせた思いにもなるでしょう。

 

でもそれではリアルの世界では充実することはありません。

いわゆるリア充にはなれないってことです。

 

わざわざ批判をするような人に会いたい、と思うような物珍しい人はいないし、

誰かを批判することは結局自分の可能性を狭めてしまうんだなと思いました。

 

肯定する人

誰かに自分の好きだという思いを伝えることで、相手が喜んでくれます。

 

ネットの世界でも誠実な対応をしていれば、信用が増し、それがリアルな世界にも生かされてくることもあるんです。

 

自分の可能性を広げるために積極的に、肯定的な意見を人に伝えていき、

人とのつながりを大事にしていきたいと思わせてくれました。

 

 

まとめ

この本を読んで、ブログが人気になるには紆余曲折、山あり谷ありなんだわかりました。

 

ブログが人気になるには運による部分も大きいんだなとは思いましたが、

その運を引き寄せるためにも継続しないことには運をつかむことはできません。

 

まず自分のブログを好きになって、そして好きなことをブログで発信して自分が自分のブログのファンになろうと思いました。

 

そして結果としていろんな人が見てくれるブログを作れるように、

山あり谷ありながらも継続していきたいと、「自分メディアはこう作る!」を読んで思いました。

 

 

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記
 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする