読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300歩からの成長ログ

1日平均300歩の生活を送るけんちゃが、引きこもり脱出に向けての成長の過程と結果を報告するブログ

三日坊主にならない方法!なぜ物事が続かないの?飽きるの?

f:id:kentyalink:20170208105046p:plain

 

どうも、けんちゃです。

 

ぼくは何かを始めようと思い立ったときには、

ものすごくやる気に満ち溢れているのに、始めてみるとすぐ飽きてしまって物事がなかなか続きません。

 

いわゆる三日坊主です。

 

三日坊主にならない方法は世の中にいろいろ溢れています。

 

「とりあえず小さなことから始めて、それを習慣にする」ってやつもそうです。

 

確かに一つの方法としては有効だと思います。

でももっと根本的なところ、自分の考え方そのものに三日坊主になってしまう原因があるんじゃないかと考えました。

 

自問自答した結果わかったのは、

経験値不足からくる自信のなさが三日坊主になってしまう原因だということです。

 

経験がない

自分がいま挑戦していることに対して経験がないので自信が持てません。

 

得意かどうかわからない

三日坊主になる人が、やったことがないことをやったときに感じるのは、

それが本当に自分が得意なことなのかどうかということです。

 

得意なことなら、うまくできて自信がもてるし、続けられる可能性も高いけど、

経験したことないことだから、自分が得意なのかどうかがわからないです。

 

他の人と比べる

すると他の人と比べて自分が得意かどうかを判断しようとします。

 

でも自分は始めたばかりで他の人は始めてから時間が経っていることが多いので、

比べても自分はダメなんだと思ってしまうだけです。

 

その時点で自信がなくなったりします。

 

力がない

始めたばかりなら力がなくて当たり前なのに、比べてしまうことで自信を失います。

力があるかないかは始めて時間が経たないとわかりません。

 

 

この道は正しいの?

経験値が不足しているこの道が正しいと思える自信が持てません。

 

疑問がわく

自分が進んでる道に疑問がわいてきます。

 

「この道本当に正しいの?」

「他に正しい道があるんじゃないの?」

 

いま進んでる道以外のことに目移りしてしまいます。

 

マイナス面が見える

 目移りしてしまうといま進んでる道のマイナス面ばかりが気になってきます。

 

マイナスのことばかり考えてると、いま進んでる道が間違ってるんじゃないかという気持ちがどんどんふくらんできます。

 

 

他のことを知らない

挑戦している物事だけじゃなく、他の物事を知らないことも、いま進んでる道に疑問がわく原因です。

 

引きこもり

ぼくは長期の引きこもりです。

 

他の人がいろいろな経験をしている中、ぼくは家で一人閉じこもっているだけでした。

するとなにをするにも初めてだということが多くなります。

 

いろんなことを経験していると、それが例え少なくて浅い経験だったとしてもなんとなくの感覚はつかめると思います。

 

「これは自分に向いてるな」

「これは自分には合わないな」

 

自分のことがよくわかるんです。

 

でも長期引きこもりだとこれがわかりません。

 

頭の中で机上の空論を積み上げてるだけで、

自分の得意なことや好きなことが全く分からないんです。

 

経験値が圧倒的に不足してるから。

 

だからすべてのことを始めないと、それが自分に合ってるかどうかがわかりません。

 

比べられない

比べるだけの経験値がないから、他のことと比べることで、いまやってることが判断できないんですね。

 

たとえばダイエット方法でも、いろんなことに目移りする人がいます。

 

今日は炭水化物ダイエットをやっていたのに、

次の日は加圧式ダイエットをやってる。

 

もちろんいろいろ試すのは大事なことです。

 

でも試したことを比較して、挑戦することを決められればそれを続けることもできますが、

何も経験していない状態だと、いろんなことに目移りしてしまうんです。

 

ダイエットもいままでやってなくて最近始めたならば、

いろんなことに挑戦するのはいいです。

 

でもある程度いろんなことを試してみて効果があるものや自分に合ってる方法が把握できたなら、

 

自分に合ったダイエット方法が見つかったということで、

それ以上目移りすることはなくなるでしょう。

 

 

自信をもつには?

いま進んでる道に自信をもつにはどうしたらいいのか?

 

いろんなことを経験する

やっぱりいろんなことを経験するのが自信につながります。

広く浅い経験も、狭く深い経験もどちらも役に立つでしょう。

 

広く浅い経験からは、他のことに目移りすることを防いでくれて、いま進んでる道を自信をもって進ませてくれます。

 

狭く深い経験からは、いま進んでる道に対して力をつけることで、自分に自信をつけることにつながります。

 

打ち込む

とにかくいまやっていることに夢中になりましょう。

 

その物事にハマることができれば、やること自体が楽しくなってきてやめることのほうが苦痛になってきます。

 

そうなれば三日坊主にはならないし、楽しみながらどんどん自信もついてきます。

 

 

まとめ

三日坊主になるのは経験値不足からくる自信のなさが原因だと考えました。

 

では経験値不足を補うために必要なのはなんなのか?

 

それは行動力です。

 

とにかく前へ行動することでいろんなことが見えてきて、

いま進んでる道に対しても自信が持てるようになります。

 

極端なことを言えば三日坊主になってもいいんです。

物事が続かないなら続かないでいい。

すぐ飽きるなら飽きるでいい。

それも行動をした結果としてわかった一つの経験です。

行動して経験することが自分の自信になります。

 

そういう経験値を積み上げることによって本当に自分が夢中になれるものが見つかるんだと思います。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする