300歩オレンジ広場

1日平均300歩の引きこもり生活を経験したけんちゃが、体験談や好きなことを書く雑記ブログ

[コミュ障を改善し克服する方法] コミュ障あるあると特徴も

f:id:kentyalink:20170209095728p:plain

 

どうも、けんちゃです。

 

コミュ障で悩んでいる人は非常に多いです。

極度のコミュ障の人の場合、人間関係がなかなかうまく築けません。

 

いきなり多くの人を相手にコミュ障を治そうとしても難しいです。

本当にまわりにいる大事な人を大切にして、思いやりをもって接していれば、徐々にコミュ障は改善していき、最終的に克服できます。

 

大事な人を大切に

本当に自分が大事に思っている人を大事にしようとすれば、コミュ障は改善できます。

 

大事な人は誰?

自分にとって大事な人は誰なのかを自分に問いましょう。

 

人は共感性の高い生き物らしいです。

 

他の動物と大きく違うのは、

相手の心を推し量ったり、相手のことを考えたりすることで、

相手の心で思っていることを察知できる能力があるということです。

 

だから自分が大事に思っている人をまずはっきりさせて、

その人とのつながりを大事に大切にしようとすれば、

必ずその思いは相手に届きます。

 

人とのつながりを持つにはまず身近な、

本当に大事な人とのつながりを大切に育てていくことが重要です。

 

すべての人に好かれなくていい

すべての人に好かれようとするとしんどい。

誰にだって苦手な人やどうでもいいと思ってる人はいます。

 

苦手な人に好かれようとしても、無駄な努力です。

仮に仲良くなったとしても、苦手な人とずっと付き合っていかなきゃいけなくなります。

 

好かれようと努力して嫌われても、それはそれで傷つきます

 

だから自分が苦手な人やどうでもいいと思ってる人に

好かれる努力はしなくていいです。

 

 

コミュ障も人は好き

コミュ障の人も人自体は好きなはずです。

そもそも人が嫌いなら、コミュ障を改善して克服したいなんて思わないです。

 

こういう記事にたどり着いたのは、あなたが人が好きだという証拠だと思います。

 

人と深く分かり合いたい、仲良くなりたい気持ちもありますよね。

 

人とつながりたい

コミュ障も人とつながりたいんです。

 

でもうまくコミュニケーションをとることができない自分にイライラします。

 

そして相手を思いやる気持ちよりも、自分はダメだという気持ちが出てきてしまって、

結局人を避けるという行為に及んでしまいます。

 

まさにぼくです。

 

分かり合える喜び

そんなぼくでも、分かり合えたと思う瞬間もあります。

 

一緒に同じことで笑いあえたりしたときは、

「あー同じ空間で、同じことを感じて分かり合えてる」

と、人とのつながりを感じることができて、うれしい気持ちになります。

 

そんなに深く分かり合えたというわけじゃないけど、

同じことを見て、同じことを感じることができるのがうれしいです。

 

そういう感情を抱くと、やっぱり自分は人とのつながりを求めているんだと再確認します。

 

 

なぜ避けてしまうのか?

人が好きで人とつながることに価値を感じているのに、なぜ人を避けてしまうのか?

 

嫌われたくない

嫌われたくないって気持ちが強いからです。

 

しかも会う人すべてに嫌われたくないと思ってるから。

変に思われたくない、バカにされたくないという気持ちが人を避けてしまいます。

 

でもすべての人に嫌われないなんて不可能です。

そして、すべての人に嫌われないようにする行動や努力は不毛です。

 

自分にとってどうでもいい人に、嫌われないように頑張るということだから。

 

自分にとって重要じゃない人のために、自分の時間を使い、労力を使うことはそんなに大事なことですか?

 

自分に自信がない

コミュ障は自分に自信がないから人を避けてしまうんです。

 

ぼくも自分に自信がないので、

相手に本当の自分を知られるのが怖いから人を避けます。

 

初めて会うときは意外と楽だったときでも、

2回目会うときに憂鬱になるのも、

自分のことを詳しく聞かれて、本当の自分のことを知られたら、

嫌われるだろうなと思うからだと感じます。

 

本当の自分を知られたくないから、自分で壁を作るんです。

 

完璧主義

きっと完璧主義なんですね。

すべてがうまくいかないと納得できない。

だからちょっとでも失敗したり、うまくいかないことがあると許せない。

 

そんなダメな自分を見たくなくて人を避けるんだと思います。

 

 

まとめ

コミュ障にとって人とのコミュニケーションは難しいです。

 

でも本当に自分が大事に思ってる人に思いやりをもって接すれば、相手にその気持ちは伝わります。

 

多数の人を意識する前に自分の身近にいる大事な人を大切にしましょう。

その一歩が多くの人とのつながりにも近づく、大きな一歩になります。

 

自分に自信をもつことも忘れずに。

 

カッコつけなくていいです。

自分は自分のままで、うまくコミュニケーションをとれない自分でもいい。

 

本当の自分がどんなにカッコ悪くても、

それが自分なんだから、そんな自分を認めてあげて自分に自信をもつ。

 

そうすれば本当の自分を出すことに、怖さを感じることもなくなります。

本当の自分に自信をもつ。

 

それがコミュ障を改善し克服するコツです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク