読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300歩からの成長ログ

1日平均300歩の引きこもり生活を経験したけんちゃが、体験談や好きなことを書く雑記ブログ

アドバイス!庭の木を切るときに気を付けることと切る方法

f:id:kentyalink:20170226173311p:plain

 

どうも、けんちゃです。

 

先日、庭に植えてある木を切りました。

3メートルほどの木だったんですが、なかなか体力的にも大変で苦労したんで、

庭の木を切るときに気を付けることや切る方法をまとめておきます。

 

3メートルの木をのこぎりで伐った

家の庭に生えていた木は3メートルくらいの「きんもくせい」の木だったんだけど、のこぎりを使って切りました。

大人2人がかりで1時間ぐらいはかかったと思う。

 

久しぶりにのこぎり使ったけど相変わらず大変だったですね。

もっとスパッと簡単に切れるのこぎりって出てこないもんかね。

 

 

木が倒れることに注意

木を切るときに一番気をつけなきゃいけないことは、

切っている木が倒れてきて、家や塀などを傷つけることです。

 

今回ぼくが切った(といってもぼくはちょっと手伝っただけですが)

木は3メートルと比較的小さかったからよかったものの、

10メートルクラスなんかの大きな木だと、それこそ大事な家を破壊しかねませんから気を付けましょう。

 

 

下のほうの枝から切る

まず幹から伸びた枝のうち、下のほうの枝から切り落としていきました。

とりあえず一番簡単な部分から切っていくって感じですね。

 

下の枝を切っていくと作業もしやすくなるので、下から順に切り落としていくことがうまく切り倒すコツです。

 

今回は3メートルの木なのでハシゴを使う必要もなくどんどん枝を切り落としていくことができました。

 

 

太い幹一本になれば上から切っていく

ぜんぶ枝を切り落とすと、太い幹一本になります。

そしたら今度は上のほうから、50センチから1メートルぐらいずつ幹を切っていきます。

 

これがめちゃくちゃ大変でした。

 

ぼくがやったのは一番下の幹の根元を切ったんだけど(そこだけかい)

木の幹は直径10センチぐらいかなあ、それぐらいでもめちゃくちゃ疲れました、ほんと。

 

ついでに根元を切っているときに、地面にあった大きな石に右手を擦り付けてしまって血が出ちゃいました。

のこぎり使うときは手袋必須ですな。

 

ケガした後に気付くというバカなぼくです。

 

 

木の片付けも大変

切った木の片付けもめちゃくちゃ大変です。

ごみ袋に入れて片づけたんだけど、大きいごみ袋でも枝を入れるのがめちゃくちゃ大変でしたよ。

 

あっちこっちに枝が向いて、なかなか大きい口のごみ袋でも入りません。

かなり小さく枝を切る必要もあるかもしれないです。

 

あとごみ袋がナイロン製だから、穴開くんです穴。

 尖った枝がバスッっとごみ袋を突き抜けちゃいます。

 

 

米袋使うといい

ごみ袋収集する人も危ないと思うんで、米袋にいったん枝などの木を入れて、ごみ袋にその米袋を入れるのも手ですね。

 

穴が開きまくったら収拾つかなくなって大変なことになります。

 

 

チェンソー欲しい

ぼくが手伝ったのは最後の幹の部分と片付けだけだけど、

終わった後思ったのは、

 

チェンソー欲しい。

 

キンモクセイの木を切る前に見に行ったんですよ。チェンソー

地元のホームセンターに見に行ったら、

だいたい安いもので5000円、高いもので25000円ぐらいのまでありました。

 

5000円だとチェンソーって意外と安い?と思いましたが、

結局買わず素手でのこぎりを使って木を切りました。

 

でも3メートルの木だから素手でのこぎりを使って切ることもできましたけど、

10メートルクラスの木になってくると、チェンソーないとかなり苦しいと思います。

 

 

庭の木を切るの大変だね

庭の木を切るのはほんとに大変なんだと気付きました。

大変なの嫌だという人はプロに頼んだ方がいいかもしれません。

 

ハシゴ使ったりするような大きい木になると危険もありますしね。

 

庭の木を切るときには、とにかく自分のケガと家や塀に木が倒れることを気を付けて切るようにしましょう。

 

広告を非表示にする