読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300歩オレンジ広場

1日平均300歩の引きこもり生活を経験したけんちゃが、体験談や好きなことを書く雑記ブログ

不安があっても大丈夫!環境に飛び込めば意外とどうにかなる

f:id:kentyalink:20170303144555p:plain

 

どうも、けんちゃです。

 

不安があると一歩踏み出すのを躊躇したり、逃げたりすることがあります。

でも思い切って行動してみると意外とどうにかなることが多いような気もする。

とりあえず環境に飛び込むことが大事なんじゃないかと思いました。

 

環境に飛び込んでみる

とりあえず環境に飛び込むことが大事なんだなと。

環境に飛び込まないことには何も始まらないし何も起きない。

 

ぼくは4年の完全引きこもりをしていました。

そのときも外に出ると何かとんでもない悪いことや嫌なことが起きるんじゃないかと想像して全く行動できなかったんです。

 

それで4年間もの間、家の中から一歩も外に出ることなく生活して、

ずっと引きこもったままの生活をしていました。

 

望む環境に飛び込む

自分が望む場所に行く、望む環境に飛び込むことを考えるといいんだと思いました。

不安を抱えたまま不安の中に生きるのではなくて、自分が望む環境に飛び込めば一歩前に進むことができます。

 

 

意外とどうにかなる

望む環境に飛び込むのに一歩進むのが怖いということはありますが、勇気を出して一歩踏み出すと意外とどうにかなるんですよね。

 

ぼくも4年ぶりに家の外に出るときは、出る前は緊張したり不安だったりしましたけど、実際出てみると、

 

こんなもん?

 

って感じでまったく大したことないと思いました。

4年間も悩んでいたのがバカみたいな感じ。

でも4年間引きこもり続けていたときは本当に苦しかったんですよね。

 

ただその苦しみ、外に出ることの不安は現実以上に膨らまされた妄想でしかないんだなと思いました。

 

 

飛び込んでみて初めて分かる

飛び込んで初めて分かることもいっぱいあります。

 

新たな発見

勇気を持って自分が望む環境に飛び込むと今までいた場所ではわからなかった新たな発見が見つかったりします。

ぼくも4年ぶりに家の外に出たことで、外に出ると悪いことや嫌なことしか起こらないと思っていたのが、外の空気の気持ちよさや外を歩く気持ちよさという新たな発見がありました。

 

新たな考え方

外に出ることでこれからいろんなことをしたいという気持ちだったり、

自分の考えも変わってくることもあります。

 

 

不安に思うぐらいがちょうどいい

不安に思うぐらいがちょうどいいんですよね。

自分自身の経験からも不安に思ってたときの方が、意外と物事がうまくいったり、スムーズに進んだりします。

 

不安は幻想

不安は幻想なんじゃないかと思いました。

現に4年間完全引きこもりをしていた時の不安は現実に外に出たときには起きなかったし、むしろそこには良い思いになることしかなかったです。

 

達成感を得る

自分が本当に望んでいることをやると達成感が得られます。

4年間引きこもっていた時も本当は外に出たいとずっと思っていました。

 

だから4年ぶりに家を出て外に出たときは、もう本当に気持ちよかったし、外に出れたときに達成感を得られたことを覚えてます。

 

 

まとめ

不安があっても大丈夫なんです。

 

不安を過大評価しすぎて身動きが取れなくなることがよくあるけど、

その不安は幻想だし、ただの妄想なんだってことに気付きました。

 

とりあえず環境に飛び込むんです。

望む環境に飛び込めば意外と何とかなるから。

スポンサーリンク