読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300歩からの成長ログ

1日平均300歩の引きこもり生活を経験したけんちゃが、体験談や好きなことを書く雑記ブログ

ペンキ塗りをするときはローラー?それともハケ?初心者用

 

f:id:kentyalink:20170331164456p:plain

 

どうも、けんちゃです。

 

生まれて初めてペンキ塗りに挑戦しました!

 

木材に水性ペンキを塗ったんですがローラーで塗るのか、それともハケで塗るのか、どっちがいいのかや、初めてペンキ塗りに挑戦した感想を書いてみます。

 

面積が広いところはローラーで

面積が広いところはローラーでコロコロしちゃいましょう。

 

ペンキを付ける量は「垂れない程度にたっぷりと」です。

ローラーを縦に横に躊躇することなく一気に塗っていきます。

 

ぼくも今回初めてペンキ塗りに挑戦したんだけど、思ってたより簡単だったんでびっくりしました。

 

細かいところはハケで

角の部分とか細かいところに色を塗るときはハケを使って塗ります。

 

ハケにペンキを付けるときには根元の部分までつけないように注意です。実際に色を塗るのに使うのは先っちょの部分に付いたペンキだけなので、根元に付いたペンキは無駄になるんです。

 

ハケの先っちょにたっぷりペンキを付けて細かいところにサッサッサッっと塗っていきましょう。

 

めんどくさがりな人はローラーだけで

ぼくは今回最初にペンキを塗ったときにはハケを使って塗ったんですが、そのあと数日後にローラーを使って塗りました。

 

その結果気付いたのはローラーでも意外と細かいところもペンキを塗れるということです。

さっきまでの話はなんだったんだという突っ込みはなしです!

 

ぼくが使ったのは横幅10センチほどの小さなローラーだったこともありますが、細かい角の部分もペンキを多めにつけてローラーでゴシゴシやれば色を塗ることができました。

 

めんどくさがりな人はローラーでやった方が圧倒的に早いのでローラーがおすすめです。ただローラーをゴシゴシするのは意外と体力は使いますが笑

 

ペンキはすぐ乾く

ぼくが今回使った水性ペンキはすぐ乾きました。

 

屋外で塗ったこともあるかもしれませんが、塗ってる最中から乾いていくって言ってもいいぐらい、めちゃくちゃ乾くのが早いです。

 

今回ペンキ塗りは初挑戦だったんで乾くの待ってるの嫌だなと思ってたんですが心配無用でした。

 

後片付けがいちばん大変

初心者として今回ペンキ塗りに挑戦したわけですが、一番大変だったのがこの後片付けです。

 

ローラーでペンキを塗るときにパレットみたいなのに(バケットって言う?)ペンキを入れてそこでローラーにペンキを付けるんですが、そのパレットに付いたペンキがなかなか落ちませんでした。てか、今もペンキが残ったままです。

 

サッサッと塗って、サッサと仕事を終わらせるのが大事みたいですね。

ペンキ塗りが終わったらすぐに水でローラー、ハケ、パレットを洗わなきゃダメです。

 

ズボンのすそにペンキが付いたんですが一回洗濯機で洗ったぐらいではペンキが落ちませんでした。水性ペンキだと思って甘く見てました。

 

ちなみにそのズボンのすそに付いたペンキはいまだに落ちていません。

オーマイガッ!

 

安い材料でもペンキでおしゃれに

今回生まれて初めて自分でペンキ塗りに挑戦してみたんですが、意外に簡単に色を塗ることができることにびっくりしました!

 

初心者は水性ペンキが塗りやすくておすすめです!

 

今回使ったペンキはホームセンターで買った「アサヒペン水性多用途カラーライトグリーン」で、200mlで550円ぐらいだったんですが、1つの棚を塗るぐらいだったらこの量で充分だと思います。

 

ホームセンターで木を安い値段で買ってきてペンキで好きな色を塗るのも良し、100円ショップのウッドボックスなどをペンキで塗っておしゃれにするのも良し。

 

ペンキを使えば安い値段でいろんなアレンジを楽しめてオシャレにできるので、これからいろんなとこを塗ってみたくなりました。

 

ペンキ塗り自体も意外と楽しかったです!

 

 

 

広告を非表示にする