読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300歩オレンジ広場

1日平均300歩の引きこもり生活を経験したけんちゃが、体験談や好きなことを書く雑記ブログ

[副業]クラウドソーシング初心者が始めて3ヶ月目に稼いだ金額とは?

どうも、クラウドソーシングを始めて3ヶ月のけんちゃです。

 

ぼくはこのブログでクラウドソーシングを使って稼いだ収入を、クラウドソーシングを始めて1ヶ月目、2ヶ月目と公開してきました。

 

今回はぼくの3ヶ月目のクラウドソーシングで稼いだ月収を公開します!

 

クラウドソーシング3ヶ月目の月収は?

f:id:kentyalink:20170412175012p:plain

ぼくはこれまでクラウドソーシングで得た収入を公開してきました。

kentyalink.hatenablog.com

kentyalink.hatenablog.com

クラウドソーシングとはネットを通じ仕事を発注したり請け負ったりすることです。

さまざまなサイトが仕事を発注する側と請け負う側の仲介的役割を担っています。

 

ぼくはさまざまあるクラウドソーシングサイトの中でも「ランサーズ」と共に2本の指に入る大手サイト、「クラウドワークス」で仕事を請け負いコツコツと稼いできました。

 

1ヶ月目は1万数百円。

 

2ヶ月目はクラウドソーシングに慣れてきたのもあって約3万4千円。

 

そして今回発表する3ヶ月目のクラウドソーシングでの収入は

 

4万3千円でした!!!

 

2ヶ月目から比べるとそれほど伸びがなかったように見えますが、3ヶ月目はぼくが運営しているこのブログもかなり更新しつつ、クラウドソーシングの仕事もしていたので、自分としてはかなり頑張ったほうだと思います。

 

ぼくがクラウドソーシングを始めて3ヶ月目にやっていた仕事は、ほぼ一つの案件の仕事を集中的にやって、1記事1,500円ぐらいの記事を書きまくってました!

 

やっぱり同じ案件のものだとテンプレートがだいたい決まってくるので、書くスピードも徐々に速くなって1記事平均3時間ぐらいで書けるようになりました。

 

時給にすると500円ってとこですね。

 

在宅で稼ぐということを考えると、それなりの高額なような気もしますが、常に画面とにらめっこし続ける時間が3時間も続くのは結構きついものがあります。

 

途中休みを入れたりすることを考えると結局4時間以上はかかってるでしょうね。

 

クラウドソーシングでも5万円までは誰でも稼げる

f:id:kentyalink:20170502165603j:plain

ぼくは2017年1月31日からクラウドソーシングを始めました。

それまではまったくのド素人で文章もほとんど書いたことはないし、子供の頃から作文も特別得意だったわけでもありません。

 

そんなド素人中のド素人のぼくでも3ヶ月目にして4万円を超える収入を得ることが出来るクラウドソーシングは、外に出て働けない人にとってすごくいい仕事だと思います。

 

クラウドソーシングで本気でお金を稼ぐことを考えて、頑張って仕事をやれば、誰でも5万円ぐらいの収入にはなる可能性が高いです。

 

ド素人のぼくでも3ヶ月目で4万3千円を得ることができたので、5万円ぐらいなら誰でも稼ぐことはできると思います!

 

ただね。。。だんだんしんどくなってきた

f:id:kentyalink:20170502165704p:plain

ただ3ヶ月クラウドソーシングを続けた結果、クラウドソーシングだけで食べていくのは、なかなかむずかしいってことにも気が付きました。

 

副業でやるならクラウドソーシングでも空いた時間を有効に使ってお小遣いを稼ぐことも簡単だと思うし、本業の仕事や家事の合間にネットを使って在宅でお金を稼ぐのは悪くないと思います。

 

ただクラウドソーシングだけで生きていくとなると、なかなか厳しいなって感じもしました。

 

ド素人のぼくの感覚だけど、どれだけ頑張っても8万円ぐらいが限界じゃないかって感じがします。

それ以上の金額をクラウドソーシングだけで稼ぐとなると、何か特別な能力でもない限りむずかしいでしょうね。

 

中にはクラウドソーシングだけで20万円を稼ぐ人もいるそうですが、それは特別な能力がある人だからこそでしょう。

 

少なくとも文章に関してド素人のぼくでは8万円ぐらいが限界のような気がします。

 

それにぼくがクラウドソーシングを始めて1ヶ月目と2ヶ月目のときには、だんだん自分が進歩するような感じがあって、結構楽しく仕事が出来てました。

 

でも3ヶ月目になるとだんだん進歩もなくなってきて、ただ依頼された仕事を淡々とこなすだけって感じになってきます。

自分の成長が感じられないってのは、かなり辛い状況に追い込まれるんだなってことが分かりました。

 

しかも書いた記事は自分の資産にはならず、仕事を依頼してきた相手の資産になるだけなので自分には何も残りません。

 

1ヶ月目と2ヶ月目には、記事を書けば書くほど、自分の記事作成能力が上がることにやりがいを感じてたし、自分が成長できるというプラスアルファがあったことがモチベーションを高く保てた要因だと思います。

 

それにぼくの依頼主の場合は、依頼された記事を書くのにワードプレスを使って記事を書くように指示してくる依頼主さんでした。

 

ぼくはそれまで、ワードプレスを一度も使ったことがなかったので、ワードプレスの使い方を知ることができるだけで、依頼された仕事をすることに喜びを感じてました。

 

でも3ヶ月目になると記事作成能力もそれほど伸びなくなってくるし、ワードプレスの使い方も一通り理解してしまいました。

 

するとただ文章を書いていくだけの作業になってしまい、1ヶ月目、2ヶ月目にあった自分の成長を感じづらくなり、精神的にちょっと苦しくなってきてます。

 

クラウドソーシングのペースがちょっと落ちるかもしれない

f:id:kentyalink:20170210172651p:plain

ぼく自身は今後、クラウドソーシングを使ってお金を稼ぐペースがちょっと落ちるかもしれませんね。

 

自分はクラウドソーシングをやっても、これ以上の成長があまり見込めないので作業自体がかなり苦しくなってきてます。

 

クラウドソーシングは手軽に空いた時間を使ってお金を稼ぎたい人には、うってつけの在宅ワークだと思います。

ただだんだん依頼された記事をこなしていくことに苦痛を感じるようになるかもしれません。

 

あまり無理をしないであくまでお小遣いを稼ぐという観点で見れば、十分それなりのお金を稼げるネット上の仕事がクラウドソーシングだと思いますよ。

 

てなことで!

おしまいっ。

 

スポンサーリンク