読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300歩オレンジ広場

1日平均300歩の引きこもり生活を経験したけんちゃが、体験談や好きなことを書く雑記ブログ

外に出るのが怖いなら、とりあえずクラウドソーシングで稼げばいい

f:id:kentyalink:20170513205350j:plain

どうも、家の中が好きなけんちゃです。

ぼくは3~4ヶ月前からクラウドソーシングを始めました。

クラウドソーシングは外に出るのが怖い引きこもりの人にとって最高の仕事だと思います。

外に出るのが怖い引きこもりの人たちが、クラウドソーシングで稼ぐべき理由を書いてみます。

 

クラウドソーシングとはなんぞや?

クラウドソーシングとはネット上で仕事を発注したり、得たりすることが出来るサービスのことです。有名どころでは、

などがあります。

これらのサイトに登録することで、いろんな仕事の中から自分でやりたい仕事を選び、報酬を得る仕組みになっています。

クラウドソーシングなら外に出ることなく収入が得られる

クラウドソーシングなら一歩も外に出ることなく、それなりの収入を稼ぐことが出来ます。

ぼくは3ヶ月目で月収4万3千円の収入を得ることが出来ました。

クラウドソーシングだけで生活することは難しいかもしれませんが、外に一歩も出ることなく収入を得ることが出来ます。

外に出るのが怖い人なら、クラウドソーシングは一つの仕事としてアリだと思います。

ぼくは長い間引きこもりをしているので、そんなぼくが家の中にいながら稼ぐ方法と言えばクラウドソーシング以外ではなかなかないです。

赤ちゃんのお世話をしている主婦の方なんかにもいいお小遣い稼ぎになると思います。

家にいながら、ちょっとでも収入を増やしたいと思えば、クラウドソーシングほど外に出ないで出来る仕事はないと思います。

人に会わない仕事もあるにはあるが

人にそれほど会わないで出来る仕事もあるにはあります。

新聞配達とかポスティングなんかも、それほど人に会うことなく仕事が出来ますね。

でも完全に人に会わないわけではないです。

新聞配達でも仕事場に行けば仕事仲間がいるでしょう。新聞配達はやったことないですが。

そもそも仕事を得るまでの間の面接が嫌なんですよね。

まず引きこもり期間のことを説明することが出来ない。その上で仕事を得なければいけないのが引きこもりにとっては大きな壁になってます。

ぼくの場合も面接がとにかく怖いんです。面接さえなければ外に出て仕事できそうな気もするけど、そんなわけにもいかないですしね。

最初から最後まで人に会うことなく仕事を得られるクラウドソーシング

引きこもりにとっては人に会うこと自体、かなり高いハードルです。

さらにそこから仕事を得るなんて自分には届きそうもない、とてつもなく高く大きな壁に見えます。

そうなると仕事を得るまでの道のりが引きこもりにとっては一番難しい壁なんです。

その難しい壁を乗り越えて成長していくことも、もちろん大事です。

でもその壁すら超えられない状態の人たちにとっては、クラウドソーシングは魅力的で最も引きこもりに向いた仕事だと思います。

最初の仕事を得るところから、請け負った仕事をし、報酬をもらうまで、クラウドソーシングなら全く人に会うことなく仕事を得ることができます。

電話などで会話をすることすらありません。

クラウドソーシングなら最初から最後まで人に会うことなく仕事を得ることができるんです。

とりあえずクラウドソーシングを始めてみよう

家にいて何もすることがないのなら、とりあえずクラウドソーシングをしてみることをおすすめします。

慣れればすぐにでも1万円ぐらいなら稼ぐことが出来るようになりますから。

1万円は一般的には、ほんのちょっとの金額かもしれませんが、引きこもりをしている人にとっては家にいながらその金額を稼げると思えば魅力的に感じませんか?

とりあえずクラウドソーシングを始めてみて、実際に自分の感覚でクラウドソーシングのやり方をつかんでみるといいですよ。

クラウドソーシングの仕事が合わなければ、いつでも辞めることもできますから。

てなことで!

おしまいっ。

スポンサーリンク