300歩オレンジ広場

1日平均300歩の引きこもり生活を経験したけんちゃが、体験談や好きなことを書く雑記ブログ

メンタリストDaiGoの「ポジティブ・チェンジ」を読んでみた感想!

どうも、最近本好きなけんちゃです。

先日、DaiGoさんの「ポジティブ・チェンジ」という本を読みました。

なかなかいい本で、いろんな気づきもあったので紹介したいと思います。

「ポジティブ・チェンジ」ってどんな本?

ポジティブ・チェンジ

ポジティブ・チェンジ

 

今回ぼくが読んだDaiGoさんの「ポジティブ・チェンジ」には、こんなことが書いてあります。

  • 「なりたい自分」になるには頭も根拠も希望もいらない
  • 人生が劇的に変わる!7つのスイッチ
  • 潜在能力を最大限に引き出す!5週間トレーニング

大きく分けてこの3つの章に分かれていて、それぞれの章にはより詳しく「なりたい自分に変わる方法」が書いてあるって感じです。

DaiGoさん自身の体験談も交えながら書いてあり分かりやすいので、普段あまり本を読まない人でも読みやすい本だと思います。

考える=行動を先延ばし

f:id:kentyalink:20170614130745j:plain

DaiGoさんによると、「考えることは行動を先延ばしにする」ってことらしいです。

確かに、ぼく自身の体験でも、直感で思ったことと、長い間考えて出した答えとは結局大きな差がないような気がします。

結局、直感で出した答えも、長い間考えて出した答えも同じ。

それなら直感を信じて行動したほうがいい。

ぼくは「○○がしたい」と思いながら、行動しないまま終わることがよくあります。

行動しない=本当は行動したくないんですよね。

本当に行動したければ、すでに行動している。○○がしたいと言って色々考えてるということは行動できない理由を探してるだけ。

思い返せば自分でも思い当たる節がいっぱいあります。

引きこもってて「外に出たい」と思ってるだけで、実際には外に出ない。

そして引きこもりながら外に出る方法をいろいろ考える。

でも頭の中に出てくる考えは外に出ることが出来ない理由ばっかりでした。

そしてどんどん外に出ることを先延ばしにしていく。

そして引きこもり続ける。

また外に出る方法を考える。

そして引きこもり続ける。

こんな繰り返し。

「ポジティブ・チェンジ」では、なぜそうなるのかをDaiGoさんの言葉で説明してくれます。

準備は最小限で見切り発車

f:id:kentyalink:20170614130926j:plain

考えることは先延ばしすることだと言っても、何も考えないのも問題だと思うんですよね。

それにぼくは考えることが大好きなので、一人でボーッとして、何時間も座りながら考えてても苦にならないタイプなんです。

だから考えるのはやめたくないし、考える行為自体は続けたい。

でも「考える=先延ばし」だから、「やっぱり考えるのはダメなのかなあ」と思ったけど、「ポジティブチェンジ」には、こんなことも書いてありました。

「準備は最小限のことをして見切り発車でいい」

準備は小さく簡単なことだけをやって、すぐさま行動に移すことが大事なんだとDaiGoさんは言います。

そういえば、ぼくの場合も「外に出るのがちょっと億劫だな」と思ったときには、とりあえず外出用の服に着替えることだけしてしまえば、最終的には結局外に出ることに成功していました。

最小限の準備だけすれば、行動するためのスイッチが入って自分がやりたい行動を出来るようになるってのは実体験からも納得できます。

あまりに考えすぎると、考えることにパワーを使ってしまって行動に移すパワーがすでになくなってることもあるから、とりあえず、

  • 最小限の準備
  • 行動

これだけ意識して考えすぎないで行動できるようにします。

考えすぎは良くないってのは感覚的にわかってましたが、こうやって本や他人から言われると「やっぱりそうなんだ」と改めて客観的に理解できます。

考えすぎちゃあダメだ。

めんどくさいを行動のサインにする

f:id:kentyalink:20170614131047j:plain

行動し始めようとするときに「めんどくせー」って思うことよくあります。

DaiGOさんはこの本で、めんどくさいと思ったときこそ行動することを勧めています。

めんどくさいと思うことは、だいたい行動する必要があることが多いです。

やってもやらなくてもどうでもいいことは意外とめんどくさいとは思いません。

だからめんどくさいと思った瞬間に体を動かせば、考える間もなく行動することが出来る。

皿洗いをするのがめんどくさいと思った瞬間に、水に手を突っ込む。

買い物に行くのがめんどくさいと思った瞬間に、服を着替え始める。

そうやってめんどくさいと思ったことを、一歩前に進んで取り組み始めると、そのあとスムーズに物事が運ぶことが意外と多いです。

ぼくは実際にこの本を読んでから、めんどくさいと思った瞬間に行動することを意識して、生活してみたけど、本当に行動に対して積極的になれました。

めんどくさいと思ったことを行動しないでいると結局やることがたまっていって後々さらにめんどくさくなるんですよね。

でもめんどくさいと思った瞬間にさっさと行動して終わらせてしまえば、頭の中のモヤモヤしたものもなくなってスッキリします。

「めんどくさいと思った瞬間に行動する」はメチャクチャおすすめなので、試しにやってみてください。

ポジティブチェンジを読み終えて

ポジティブチェンジに書いてあったことを一つの言葉にまとめると、

とりあえず行動しろ

ってことです。

ポジティブチェンジという本のタイトルから、「心が変われば行動が変わる」という自己啓発系の本でよく言われている本かと思ったけど、内容は全く逆。

とりあえず行動。行動あるのみ。ってことがメッセージとして強く書いてありました。

言われてみれば当たり前なんだけど、結局行動しないことには何も変えられないんですよね。

行動することによって心も変わるし、自分を変えることもできるんです。

そんなことを改めて思い出させてくれました。

DaiGoさんの本は何冊か買っているんだけど、読みやすいし、分かりやすくてほんと好きです。

この本でも自分の気持ちをまさにポジティブに変化させてくれました。

てなことで!

おしまいっ。

スポンサーリンク