300歩オレンジ広場

1日平均300歩の引きこもり生活を経験したけんちゃが、体験談や好きなことを書く雑記ブログ

自分を変えたい人は「性格」ではなく「生活」を変えればいい!

どうも、無愛想なけんちゃです。

ぼくは自分を変えるために「どうやったら性格を変えられるか」ばかりを考えてきました。

でも本当の意味で自分を変えるためには、「性格」ではなく「生活」を変えなきゃいけないことに気付いたんです。

性格を変えようとしても上手くいかない

f:id:kentyalink:20170621170456j:plain

ぼくは自分の無愛想でおとなしい性格が嫌いで、ずっと自分の性格を変えたいと思ってきました。

スーパーに行って無理やり明るい感じに振舞ってみたり、笑顔を振りまいたり。

でもそんなことしても不自然な感じになるし、自分でも無理して明るくするのが嫌だったんです。

仮にそれで上手く事が運んでも、なんとなく胸につっかえが残るというか、自分の中で楽しい気分になることもありませんでした。

たぶんそれは「ありのままの自分じゃなかった」から。

自分の性格とは違う自分になろうとしてたから、楽しくなかったし、モヤモヤした気持ちになってたんです。

ぼくは自分を変えるためにいろんなことを試しました。

その結果、無理やり性格を変えようとしてもうまくいかないことがわかったんです。

そもそも自分の性格を変えようとするなんて、不自然。

相手にも無理してる感じが間違いなく伝わります。

自分とは違う誰かになっても、自分自身が心から満足することもないですしね。

自分の性格を変えようとしても、良いことなんて1個もありません。

でも今の自分を変えたいという気持ちもどっかである。

そこでぼくは自分の「性格」を変えるんではなく、「生活」を変えればいいと気付いたんです。

自分の生活を変えるということだったら、無理してる感じが出ることもないし、自然に自分を変えられるから。

自分が出来ることから生活を変えればいい

f:id:kentyalink:20170621170428j:plain

ぼくの場合は以前は全くしなかった料理を始めました。

ありきたりだけど自分で料理作って食べると、なんとなく美味しく感じるんですよね。

もともと凝り性の性格もあってか、「どうやったらもっと美味しく作れるだろう」とかいろいろ考えるのも楽しくなってきます。

そして全くできなかった料理が、多少はできるようになりました。

他にぼくが変えた生活は、ほぼ毎日買い物に行くようになったことです。

それまでは買い物に行くことはめんどくさいし、人に会うのも嫌でした。

そんな外に出ることすら億劫だったぼくが、毎日買い物に行くようになって、むしろ買い物に行かない方が気分的に気持ち悪いと思うまでになったんです。

生活を変えることで、習慣が変わり、自分を変えることが出来たんです。

変える生活はどんな簡単なことでもいい。自分が出来ることから始めればいい。

たとえば、

  • 筋トレやストレッチをしてみる
  • 散歩をする
  • 本を読む
  • テレビを見る時間を減らす

などなど、簡単で自分が出来ることから始めればいいんです。

変える生活を決めるときは、「なりたい自分がやっているであろう生活」を想像してみるといいです。

そしてその、「なりたい自分が生活の中でやっているであろう行動」をしてみる。

「なりたい自分の性格になる」ではなく

「なりたい自分がやっているであろう生活をする」ってのがミソです。

目標とする自分の理想や、実在する憧れの人がいるならば、その人のような性格になろうとするんじゃなく、その人がやっている生活や行動をしてみるんです。

そしたらいつの間にか理想の自分に近づいてると思います!

生活を変えることで自分を変える

f:id:kentyalink:20170621170411j:plain

自分を変えたいと思っている人は「性格」ではなく「生活」を変えると、自然な形で自分を変えることが出来ます。

自分の生活を変えるということは、自分の行動を変えるということでもあります。

結局どれだけ考え方や性格を変えても、行動をしなければ意味がありません。

生活を変えれば自分の行動が変わります。

そして自分を本当の意味で変えることが出来るんです!

てなことで!

おしまいっ。

スポンサーリンク