300歩オレンジ広場

1日平均300歩の引きこもり生活を経験したけんちゃが、体験談や好きなことを書く雑記ブログ

買う食材をメモに書いてスーパーに行くメリット・デメリットを考えてみた。

どうも、ほぼ毎日買い物に行く、けんちゃです。

ぼくはスーパーに行くときには、買い物に行く前に冷蔵庫を確認しながら、必ず1枚の紙にスーパーで買う食材をメモします。

メモを書いて買い物することで、2つのメリットがあるからです。

メリット1・買い物が早く終わる

f:id:kentyalink:20170624170123j:plain

買う食材を、家にいる間にメモに書いておくだけで、買い物の時間が大幅に短縮されます。

ぼくの場合、1日分の食材を買うのに、スーパーにいる滞在時間は約10分ぐらいです。

レジに並んでる時間を省けば実質8分ぐらいかな?

事前にメモに買う食材を書かずに買い物すると、だいたい20~30分ぐらいはかかると思います。

メモを使うことで買い物の時間を約3分の1に減らすことが出来ます。

買うものをメモに書いて、そのメモを眺めながら買い物するだけで、あっという間に買い物を終わらせることが出来るから、スーパーの中を、あっち行ったりこっち行ったり彷徨わなくて済みますよ。

メリット2・無駄なものを買わずに済む

f:id:kentyalink:20170624170225j:plain

事前に買うものをメモに書いておくことは、メモに書いてあるもの以外の無駄なものを買わずに済む効果もあります。

事前に買うものを決めないで、スーパーで食材を眺めながら買い物をしてると、余計なものも買っちゃうんですよね。

「あーこれうまそうだなー」とか、「あーこれも食いたいなー」とか、考えてるうちにどんどん買い物カゴに食材が積まれてくんですよ。

積まれてくっていうか積んだのは自分自身だけどね。

1日分の食材を買うつもりだったのに、余計なものを買ったせいで、結局その日のうちに食べられないってこともある。

ほんでもって結局食べきれないから、賞味期限切れになるっていう究極的に無駄なことになっちゃいます。

そんな無駄な買い物を防ぐためにもメモがいい。

事前に買いたいものをメモに書いておいて、それ以外の食材は買わない。

メモを書くことで無駄な買い物ゼロを達成できます。

デメリットもある?

無駄な買い物をしないのはいいけど、多少デメリットになることもあります。

いつもメモを書いて、それ以外のものを一切買わない買い物の仕方をしてると、だいたい同じ食材のものしか買わなくなっちゃうことです。

スーパーに行って並んでる食材を眺めながらだと、新しくて魅力的ないつもと違う食材にも目がいく。

でもメモを書いてから買い物に行くと、自分の頭の中にある食材しか思い浮かばないから、だいたい同じ食材しか買わなくなっちゃって、同じような料理が数日おきに続くという事態になります笑

メモを書いてから買い物に行くことに慣れると、それ以外の食材に全く目がいかなくなるのはデメリットと言っていいです。

メモを書くのは効率的。だけど多少の無駄はあっていいかも

f:id:kentyalink:20170624170303j:plain

メモを書いて買い物に行くことは、早く買い物を終わらせたり、無駄なものを買わないだったり効率的な買い物が出来るのは間違いないです。

でも効率的ばっかりじゃ、やっぱりつまんないって感じもあります。

そんな時は1週間に1度とか、1ヶ月に1度はメモを持たずに、スーパーに並んでる食材を見ながら買い物をするのもいいかもね。

買い物自体はメモ書いていくより、スーパーで並んでる食材を選ぶ方が正直楽しいです笑

てなことで!

おしまいっ。

スポンサーリンク