300歩オレンジ広場

1日平均300歩の引きこもり生活を経験したけんちゃが、体験談や好きなことを書く雑記ブログ

初心者が養蜂はじめてみた!巣箱1箱で取れるハチミツの量は?養蜂に必要な最低限の道具も紹介!

どうも、養蜂初心者のけんちゃです。

ぼくは今年初めて養蜂を体験しました。

養蜂初心者が体験して分かった、養蜂を始めるのに必要な道具や、巣箱1箱で取れるハチミツの量など養蜂初心者の養蜂体験談を書きたいと思います。

養蜂を始めるのに必要なもの

f:id:kentyalink:20170627104538j:plain

とりあえず養蜂初心者が養蜂を始めるのに必要最低限の道具をまとめてみました。

  • 巣箱
  • 巣枠
  • 種蜂
  • 燻煙器
  • ハイブツール
  • 面布
  • ゴム製手袋
  • 蜂ブラシ
  • 遠心分離器
  • 蜜こし器
  • ナイフ

とりあえずこれらの道具があれば、ミツバチを育ててハチミツを取るところまでの、養蜂の流れを一通り体験することができます。

これらの道具を全部そろえようと思ったら、だいたい15万円ぐらいでしょうか。

ぼくは養蜂を始めるにあたり、周りの人に色々用意してもらったり、知り合いから道具をもらったりしたので、ほとんどお金はかかりませんでした。
人に甘えてすいません"(-""-)"

ちなみに養蜂を始める時期は3月頃がいいと思います。

冬場から始めると蜂が寒さで死んでしまうなど、初心者には育てるのが難しいようです。

3月頃にミツバチ入りの巣箱一式を購入して、養蜂を始めましょう。

巣箱1箱で20㎏のハチミツが取れた

f:id:kentyalink:20170627104754j:plain

ぼくは今年の3月頃から初めて養蜂を始めました。管理しているのは継箱付きの巣箱1箱だけです。

2回採蜜して合わせて20㎏ぐらいのハチミツが取れました。

巣箱1箱で取れるハチミツの量の平均はよくわからないんですが、周りの養蜂のことを知っている人に聞くと20㎏でも少ないらしいです。

でもネット上の情報を見ると20㎏で十分多いって情報もあるので、場所とか時期とかいろんな要素でかなり変わってくるんだと思います。

月収20万を目指すなら40個の巣箱が必要かも

養蜂で生活していけるかどうかを考えてみました。

養蜂を本業にして生きていけるのかってことです。

ハチミツの価格を1㎏=3,000円だと仮定します。

養蜂初心者のぼくが初めて採蜜した、巣箱一箱のハチミツの量が20㎏なので、巣箱1箱で取れるハチミツの価格は、20㎏×3,000円で6万円だということになります。

月収20万円を目指すとすれば、年収でいうと240万円。

年収240万円を稼ぐために必要な巣箱の数は、240万円÷6万円で40箱ということになります。

あくまで単純計算なので実際に計算通りには行かないと思うけど、養蜂で月収20万円を稼ごうと思えば、40個の巣箱が必要だということがわかりました。

40個の巣箱を管理するとなれば、場所を用意するのもなかなか大変そうですね。

養蜂は意外と体力勝負だった

f:id:kentyalink:20170627104853j:plain

今回ぼくは初めて養蜂を体験してみて分かったことですが、養蜂は意外と体力が必要なことがわかりました。

巣箱を継箱にする前は、巣箱の中を内検するのも簡単だし、それほど体力も必要なかったんだけど、継箱をしてからはかなり体力を必要とします。

特にハチミツがかなり貯まった後に、継箱を持ち上げるのには、かなり力が必要ですね。

養蜂をしてる人って勝手なイメージで男性が多くて、女性が少ないイメージでした。

なんとなく女性は虫が苦手だから養蜂する人少ないのかなって思ってたけど、実際に養蜂やってみて女性が少ない理由が分かりました。

養蜂には体力が必要!

養蜂をするにはかなり体力を使うし、力も必要だから女性が少ないんでしょうね。

 養蜂だけで生活するのは大変

とりあえず養蜂をちょこっとかじっただけの初心者だけど、養蜂だけで生活するのはかなり大変だなと思いました。

巣箱40箱ぐらいは用意しないといけないのは、結構ハードルも高いです。

巣箱1箱を管理するだけでも初心者には結構大変だったので、40箱ともなるとちょっと想像したくないぐらい笑

趣味で2~3箱ぐらいでやるのが一番いいかもしれませんね。

てなことで!

おしまいっ。

スポンサーリンク