300歩オレンジ広場

1日平均300歩の引きこもり生活を経験したけんちゃが、体験談や好きなことを書く雑記ブログ

シャープの冷蔵庫「SJ-GT41B」を約1年間使ってみた感想「レビュー」

どうも、けんちゃです。

今回はシャープの冷蔵庫「SJ-GT41B」を、1年間使ってみた感想を書いてみます。

これから冷蔵庫を買うって人は、ぜひ参考にしてください。

新しくシャープの冷蔵庫「SJ-GT41B」を購入して約1年

f:id:kentyalink:20170712100125p:plain

(出典:シャープ

1999年に買った以前のシャープ製の冷蔵庫が古くなってきて、ドアの開け閉めに支障が出たり、部品が破損したりしたことから、新たに冷蔵庫を買いました。

新しく買った冷蔵庫も以前のものと同じシャープ製の冷蔵庫で「SJ-GT41B」という製品です。色はピュアホワイトです。

見た目はかなりキレイな冷蔵庫で、やっぱり新しい家電が初めて家に来た時って、テンション上がりますね笑

シャープ「SJ-GT41B」の容量

やっぱり冷蔵庫で一番大事なのは、容量がどれくらいあるかですよね。

シャープの「SJ-GT41B」の容量が十分なのか、ぼくの独断と偏見での感想です。

野菜室は大きく使いやすい

野菜室は大きくて使いやすいです。かなりたくさんの野菜を入れることが出来るので助かってます。

細かい話だけど、かいわれ大根が縦にスポッと、ちょうどいい大きさでハマるのでうれしい笑

肉を入れるチルド室はもう少し大きくても良かった

肉を入れるチルド室は、多めに肉や魚を買ったときに満杯になってしまうことが多いです。

広さ自体はかなり大きいので、大きなホッケなんかも十分入ります。

でも買いだめして多くの肉や魚を買ったときには、かなり詰め込み状態になってしまうので、もうちょっと大きなチルド室でも良かったかも。

ドアポケットに不満

正直に言って、シャープ「SJ-GT41B」の冷蔵庫でぼくが一番不満に思っているのが、ドアポケットなんです。

ドアポケットの容量が少なすぎる。。。

以前使っていたシャープの冷蔵庫と比べても、ドアポケットに入る容量が少なくなったので、マヨネーズや焼き肉のたれなどの大きめの調味料を入れるのに苦労してます。

小さな生姜チューブやニンニクチューブなどを入れる「段々スパイスラック」ってのがあるんだけど、小さなチューブ系の調味料をよく使う人は、便利に使えるかもしれません。

ただぼくの家では、大きめの調味料であるマヨネーズや焼き肉のたれ、ドレッシングなどを使うんです。

それだと「段々スパイスラック」には入らないし、ドアポケットの容量が少なすぎて全部入らないんです。

牛乳やジュース、お茶ポットなども入れるので正直言って、さらに倍くらいの容量が欲しいところ。

最近の冷蔵庫のドアポケットってこれぐらいしか入らないのが普通なんですかね。。。

あくまでぼくの独断と偏見ですが、この冷蔵庫で大きな不満があるとすれば、ドアポケットの容量の少なさ、これだけです!

無印良品の横置きが出来るお茶ポット買おうかな。。。

冷凍室の容量は十分すぎるぐらいある

冷凍庫の容量はホントにメチャクチャいっぱいあります。これだけ大きな容量があると困ることはほぼないと思います。

細かくスペースが分かれているのも、うれしいポイントです。

最近の冷蔵庫だと当たり前かもしれませんが、氷を作って保存するスペースが単独で存在しています。

暑い夏に何度も冷凍庫を開けてお茶に氷を入れたいときに、他の食品が保存されているところを開けなくていいので、氷のところ以外の温度が上がってしまう心配もしなくていいです。

冷凍室はそれぞれ5つのスペースに分かれていて、それぞれの広さもかなり大きいので、うまく使い分ければ便利に使いこなせると思います。

ぼくの家では冷凍食品を食べることはほとんどないんだけど、冷凍食品をよく使う人にとっても十分すぎるぐらいの容量があると思いますよ。

冷凍されるスピードが速い

ぼくはバナナを冷凍させて、凍ったバナナと牛乳をミキサーにかけて飲むのが好きなんです。

早朝に急速冷凍できるというステンレストレーにバナナを乗せて、お昼ごろに家に帰ってきたら、バナナが完全に凍っていたので、冷凍されるスピードはかなり速いです。

シャープのサイトによると通常の3倍のスピードで冷凍されるみたいですね。

何かをすぐに凍らせたいって時にも、あっという間に冷凍することが出来るのでうれしい。

あとステンレストレーの上であれば、60度までの作りたての熱い食べ物も冷凍できるみたいなので、作った料理を冷ます時間がないときでも、冷凍庫に入れて保存できるのもうれしいですね。

扉が開けやすい

最初にこのシャープの「SJ-GT41B」を触ったときに驚いたのが、ドアの扉が開けやすいことです。

以前使っていた冷蔵庫のドアが壊れていて、開けづらくて苦労していたってこともあるけど、軽い力で簡単に扉が開くので、高齢者とか子供でも簡単に扉を開けることが出来ます。

音が静か

冷蔵庫から出る音は、昔の冷蔵庫と比べるとかなり静かになってますね。

モーター音?は、ぼく自身生活するうえで、ほとんど気にならないレベルです。

唯一びっくりするのは氷が出来たときに「ジャラジャラ」って音が鳴るのが気になりますが、しょっちゅう音がするわけではないので大丈夫です。

前面にマグネットが付かない

シャープの「SJ-GT41B」の冷蔵庫は全面がガラストップというものになっていて、見た目はすごくキレイです。

しかしマグネットが付かないので、いろんなものを磁石で貼り付けることができないのがデメリットになっています。

冷蔵庫の横面にはマグネットが付くので、ぼくの家ではそこにタイマーなどいろんなものを貼り付けてます。

まあぼくはたくさんのものが冷蔵庫に貼り付いてるのが好きじゃないので、冷蔵庫の前面にマグネットが付かなくても特に不満はありませんが、人によっては不便に感じる人もいるかも。

シャープ「SJ-GT41B」の感想まとめ

シャープの「SJ-GT41B」を1年間使ってみた感想を書きました。

以前使ってたシャープ製の冷蔵庫との比較以外に、他の冷蔵庫との比較ができないので参考になったか分かりませんが、これから購入する人に少しでも役立てたら幸いです。

てなことで!

おしまいっ。

スポンサーリンク