300歩オレンジ広場

1日平均300歩の引きこもり生活を経験したけんちゃが、体験談や好きなことを書く雑記ブログ

ぼくがブログを続けるのが嫌になってきた理由を3つ書かせてくれ。

どうも、最近ブログ更新を休み気味だった、けんちゃです。

ぼくがブログを始めて6ヶ月、ブログを書き続けることに対して、ちょっとしんどい気持ちが出てきました。

とはいえブログをやめるつもりはありません。

ブログはぼくの気持ちや考えをまとめることに役立ってますし、ぼくの数少ない趣味と言ってもいいです。

ただそんな趣味のブログを続けるのがしんどくなってきた気持ちもあるので、ブログを続けることが嫌になってきた理由を3つ書かせてください。

自分の気持ちを吐き出すだけなんで、気にしないでください。

アクセス数が伸びない

f:id:kentyalink:20170727162206p:plain

最近ぼくのブログのアクセス数が伸び悩んでいる。

今年の1月にブログを始めてから半年が経ちました。

これまでは右肩上がりでブログのアクセス数が増えてきたのに、ここに来て伸びが止まってしまった。

むしろちょっとアクセス数が下がってるぐらい。

こうなるとブログを書く気持ちも、ちょっと萎えてきます。

元々そこまで大きなアクセス数を生んでいるブログではないけれど、それでもブログを始めた当初の一桁続きのアクセス数から、数百のアクセス数を集めるまでにはなりました。

ブログを始めた時には10pvのアクセスが来ただけで嬉しくて仕方なかったのに、いまや数百のアクセスが来ても、前日から減っていることに対してガッカリ感を覚えます。

人間って欲張りなもんだね。

はっきり言ってアクセス数を気にしてもいいことなんて何もない。

とにかく書け、書け、書き続けれればいいんだ!

ネタが無くなってくる

ほんとネタがない。

ブログを始めて当初は、自分が過去にやってきたこととか、考えてきたことを思い出しつつ記事を書いていく感じでした。

だから今まで生きてきた30年以上の経験の蓄積からブログ記事を書けたわけ。

でも過去の自分の経験をだいたい書いてしまったら、それから先は今現在の自分が生み出したり、考えたりすることだけしかネタにすることが出来なくなります。

プラスに考えればブログのネタを作るために積極的になれることもある。

今を一生懸命に生きて毎日を行動的に生きれるようになるとも言える。

でも今のところ自分にはそこまでのパワーが湧かないみたい。

なんとかエネルギーを出してなんでもいいから自分のやりたいことをやってみたい。

記事を書くハードルが上がる

ブログ記事を書くのに慣れてくると、以前はまったく気にせずブログに書いていたようなレベルのネタを書いてアップすることに抵抗が生まれます。

ある意味自分が成長したってことでもある。

でも記事を書こうとノートパソコンを開いても、「このネタ、ブログ記事にするほどのものかな?」って気持ちが生まれて、なかなか書き出せなくなっちゃいます。

別にプロが書いてる文章でもないのに、なぜか「自分がこのレベルの文章をアップするのはどうなんだ?」という、謎のプライドみたいなのが出てきちゃったり。

所詮ド素人が書いてる文章なんだから、もっと気楽になんでも書いていいんですよね。

とりあえずブログをやめることはしない

あまりブログを続けようとしすぎると、精神的にしんどくなっちゃいます。

そんな時は「とりあえずブログをやめることはしない」と考えればいい。

「しばらく放置しててもいいや」ってぐらいの考え方が、ちょうどいいような気がします。

とにかくブログ更新がなかなかできないからって、ブログ自体を削除するのはもったいないのでやめましょう。

てなことで!

おしまいっ。

スポンサーリンク