300歩オレンジ広場

1日平均300歩の引きこもり生活を経験したけんちゃが、体験談や好きなことを書く雑記ブログ

3種類の水筒をタイプ別に紹介!おすすめの水筒は?[洗いやすい]

どうも、けんちゃです。

ぼくは畑仕事に行くときには、水筒にお茶を入れて飲んでます。

今回はぼくが使ったことのあるタイプの水筒を3種類紹介します。

それぞれメリットとデメリットがあるので、自分にとって使いやすい水筒はどれか検討してください。

 安さと洗いやすさが魅力の水筒

 この水筒はフタの部分に大きな工夫がない。シンプルな水筒です。

でもその分、価格が安くなってるのがメリット。とにかく安い水筒が欲しいって人はこのタイプの水筒がおすすめ。

そして意外と見逃されるのが洗いやすさなんです。

夏も本格的になると、水筒は毎日使うことになります。

その時に水筒の部品が多いタイプの水筒だと、洗うのにもなかなか手間取っちゃって大変なんです。毎日洗わなきゃいけませんからね。

でもこの水筒はとにかくシンプルで、本体とフタ、パッキンの3種類の部品しかない。

だから毎日水筒を洗うのにも、それほど苦になりません。

飲むときのことを考えると、多少飲みづらさのある水筒かもしれません。ただ毎日使うことを考えれば、洗いやすいってのは大きなメリットです。

 飲みやすさと洗いやすさを両立

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 500ml エスプレッソ JNO-501 ESP
 

 ぼくが今使っているタイプの水筒です。メーカーはサーモスのじゃないけどね。

この水筒は本体とフタに、飲みやすくする飲み口の部品が1つ付いている水筒です。

このタイプの水筒は、飲みやすさと洗いやすさを両立してるのが良い所。

飲み口が付いている水筒の中では、必要最小限の部品が付いてるだけなので、水筒を洗うのも簡単です。

洗った直後に本体と飲み口の部品をセットして乾かせば、上で紹介したアイリスオーヤマのシンプルな水筒を扱うのと、さほど変わりなく簡単に使えます。

お茶を入れるときは飲み口の部分を付けたまま入れることもできます。氷を入れるときは飲み口の部分ははずさなきゃいけませんが。

ただ全体的に使いやすいタイプの水筒なので、おすすめの水筒ですよ。

ワンタッチで開く水筒は、とにかく飲みやすい

 この水筒は赤い部分のロックリングを外して、ボタンを押せばワンタッチで開くタイプの水筒です。

このタイプの水筒はほんと飲みやすい。

上で紹介した2つの水筒は、フタを開けるときに両手で持ってフタを回して開けなきゃいけません。

でもこのワンタッチ開閉式の水筒は、車を運転してるときにも片手で簡単に水筒のフタを開閉できるんです。

ロックリングを外して、ボタンを押すだけ。

よく車を運転してるときにお茶を飲むって人には、おすすめの水筒ですね。

ただぼくが一度失敗したことあるのが、カバンの中にこの水筒を入れたときに、赤いロックリングの部分をかけるのを忘れて、カバンの中でボタンが押さわったのか、水筒のフタがパカっと開いていて、中身がドバッとこぼれてたことがありました。

当然カバンの中は、ビショビショに濡れちゃいました。

この水筒は飲むときには本当に便利だけど、ロックリングのかけ忘れには注意が必要です。

後、この水筒のデメリットは洗いにくいってこともあります。

飲み口の部分とフタの部分が多少複雑になってるので、洗う手間は他の水筒と比べると増えます。

ただ飲み口の部分は外せるので、手間さえ惜しまなければ綺麗に水筒を洗うことが出来るのはうれしいです。

自分の生活スタイルに合った水筒を選ぼう

今回は3種類の水筒を紹介しました。

 それぞれの水筒にメリットもデメリットもあります。

飲みやすさ、洗いやすさ、価格など検討した上で、自分の生活スタイルに合わせて水筒を選んでみてください。

てなことで!

おしまいっ。

スポンサーリンク